ホワイトニング歯みがき粉「スーパースマイル」の効果とは?特徴、メリット・デメリットを解説

日本と比べるとアメリカの歯への関心は高く、真っ白な歯をしている方がたくさんいます。

歯の専門機関もしっかりあり、中でも「ASDA」は多くの優れたホワイトニング法やオーラルケアグッズを研究しています。

そのASDAの創設者が「Dr.スマイゲル」博士という方で、この方が開発した歯磨き粉が『薬用ホワイトニング歯磨き スーパースマイル』です。

歯を白くするなら効能の高い歯磨き粉が必要

米国で歯が白いことはもはや当たり前のことのようです。ホームホワイトニンググッズの規制も日本よりずっと緩やかで、性別年齢問わず白い歯をしています。

米国といえば世界屈指の甘いモノ好きの国ですが、あれだけ白く健康な歯をしているのは驚きです。

いかにホワイトニング技術が発達していようと、やはり基本は日々の歯磨きですから効能の高い歯磨き粉は必要といえます。

『スーパースマイル』の特徴や効果は?

スーパースマイルの特徴は、その研磨クリーニング能力です。

通常ならば多くの研磨剤を配合し、強い摩擦で汚れを落とします。

しかしスーパースマイルは「カプセル化した酸化カルシウム」で、歯の表面のタンパク層を分解して除去するので、大切なエナメル質に傷をつけなくてよいのです。

ASDA推奨の「研磨剤含有率25%以下」を堅実に守り、歯の白さと引き換えにエナメル質を奪われるといったことが起きないよう工夫された歯磨き粉です。

スーパースマイルを4ヶ月使い続けると、従来の歯磨き粉に比べて輝きが420%も増すとの報告もあり、ブラッシングだけで白い歯を自分のものにできる可能性を秘めています。

『スーパースマイル』は歯の再石灰化も可能

スーパースマイルはプラークやステインに対してのクリーニング効果だけではありません。

健康な歯の要である”歯の再石灰化”に対しても、従来品よりも優れた性能を持っています。

最近では再石灰化を促す”フッ素”などは安い歯磨き粉にも含まれています。これに対しスーパースマイルは、さらに再石灰化を促すべくカルシウム・マグネシウム・リンなどのミネラルを加えています。

口臭予防や虫歯予防、またホワイトニングの汚れの再付着に対策として…また、磨きにくい矯正中のブラッシングにも最適な歯磨き粉だといえます。

歯科医療の進んだ米国が認めた、Dr.スマイゲルの『スーパースマイル』は品質と安全性の維持のために、歯科医院や通販での販売に限っています。

『スーパースマイル』のデメリット

強い研磨剤を使用せずに安心して磨けるのがスーパースマイルの良いところです。

しかし、スーパースマイルのホワイトニング効果を最大にするには、『アクセラレーター』という促進剤を別に手に入れなければなりません。

現に、歯磨き粉だけで使用しても「ホワイトニング効果がなかった」という口コミも存在しています。

この『アクセラレーター』に関する使った感想や評判には、「使うとやけどしたようなヒリヒリ感があって痛い」「単品で買いたいけど売っていない」「セットで買うと4000円近くして高い」「続けにくい」などと言ったものがあります。

良い口コミや売り文句だけを見て購入した方の中には『不満足感』を味わっている人も多いようです。

それでも、「歯がつるつるになって良い」「コストはかかるけど続けたい」という人も中にはいますので、スーパースマイルに限った話ではありませんが、効果には個人差があるのでしょう。

本当に良いホワイトニング歯磨き粉は結局どれなのか

ホワイトニングに関する歯磨き粉を選ぶ際のポイントは以下の3点です。

  1. 価格(続けられる金額か?)
  2. ホワイトニング以外の効果・効能を持っているか?(虫歯や歯周病予防、口臭予防など)
  3. 歯を傷つける研磨成分は入っていないか?(歯の傷は黄ばみの原因になる)

スーパースマイルに関しては、3番の「歯を傷つけない」という部分はクリアしていますが、ほかの2つは微妙なラインです。

たとえば、上記3つを高い水準でクリアしている歯磨き粉に「はははのは」があります。

「はははのは」は、歯を白く輝かせる以外にも、

  • タバコのヤニ落とし、汚れ除去
  • 虫歯、歯周病予防
  • 口臭予防

などのはたらきがあります。

「市販のホワイトニング歯磨き粉をさんざん試しても効果がなかった」という方に人気がある商品です。

まとめ

  • スーパースマイルは米国審美歯科研究のトップDr.スマイゲル監修の歯磨き粉
  • スーパースマイルはエナメル質を傷つけないカプセル化酸化カルシウムを使用
  • 従来品よりも高い歯の再石灰化効果が期待できる
  • 継続的に使用するには、ハードルは少し高めである

このページの先頭へ