オパールエッセンスは効果が高い分副作用もある。購入時に「過酸化尿素」の濃度に注意しよう。

自宅で気軽にホワイトニングができると人気な『オパールエッセンス』ですが、歯を白くする効果が高い分、副作用があるのも事実です。

ホワイトニングはふつうの歯磨きとは違い”特殊な薬剤”を使用しますので、しっかりと使い方をマスターしておかなければなりません。

ここでは、オパールエッセンスの副作用と、それを最小限に抑える為に知っておくべきことなどをまとめています。

オパールエッセンスは白さを実感する方が多い

オパールエッセンスを使ったホワイトニングでは、これまでの歯磨き粉では得られないほどの白さを実感される方が多いようです。

最近では、ステイン除去能力の高いホワイトニンググッズも販売されていて、こういったグッズを使うだけでもかなり歯を白くすることができます。

しかし、美容歯科で施術するオフィスホワイトニングにくらべると、効果に限界があるのも事実です。テレビに出ている芸能人のような真っ白でキラキラした歯にするには、やはりある程度高額なホワイトニング方法を選ばなくてはなりません。

オパールエッセンスならば、使用する薬剤も美容歯科で使われるものと同類なので、白さのレベルもある程度期待ができます。日本では薬事法などの関係上、過酸化尿素や過酸化水素を使ったホワイトニンググッズが市場には出回りませんが、数少ない通販店で購入が可能です。

オパールエッセンスが販売されている通販店は?一番お得なのはどこ?

オパールエッセンスの副作用に注意

自宅で薬剤を使用し、ホワイトニングする場合、知識のないまま使用すると、副作用に苦しむこ可能性が高まりますので注意が必要です。

オパールエッセンスを含むホワイトニングで、一番良く聞かれる副作用が「知覚過敏」です。

知覚過敏は、冷たい飲み物や食べ物を食べたり、歯ブラシをしたときに、軽い刺激でも痛みを感じてしまうような症状のことです。

口を開けて空気に触れただけでも刺激を感じるようなひどい症状もありますから、日常生活に大きな支障が出る歯のトラブルだといえます。

過酸化水素や過酸化水素を使ったホワイトニングで最もよく現れやすい副作用です。

オパールエッセンスの副作用を最小限に抑える為に知っておくべきこと

オパールエッセンスの「知覚過敏」の副作用は、しっかりと知識をつければある程度防ぐことができます。

まずは、オパールエッセンスを購入するときの注意点から解説します。

オパールエッセンスは、含まれるホワイトニング成分「過酸化尿素」の濃度によって、薬剤を指定して購入することができます。

オパールエッセンス濃度の種類

  • 10%
  • 15%
  • 20%
  • 35%

濃度の低いものほど長時間放置が必要で、濃度が濃いほど所要時間は短くなります。

もし歯の健康状態が悪く、知覚過敏の心配があるならば、低濃度を選ばなければなりません。一般的に濃度の高い薬剤を用いた場合のほうが知覚過敏の副作用が出やすいからです。

また、使用時に歯や歯茎に感じる「痛み」も低濃度のほうが弱く、濃度が濃くなるにしたがって強くなります。

低い濃度の10%や20%のジェルを選んでも知覚過敏に悩まされる場合は、一度使用を中断して歯科医に相談し、必要ならば虫歯治療や知覚過敏治療を行いましょう。

知覚過敏の予防法は「エナメル質を強くする」こと

歯と骨の主成分である「ハイドロキシアパタイト」が配合された歯磨き粉を使うと、エナメル質の再石灰化が促進されて分厚くなることで知覚過敏になりにくくなります。同時にホワイトニング効果が得られることでも有名な成分です。

「ハイドロキシアパタイト配合」で有名な歯磨き粉にはオーラパールが挙げられます。低価格かつ高い効果が得られるとして人気を集めている歯磨き粉です。

黄ばみを落としに最適?ホワイトニング歯磨き粉「オーラパール」の効果・利用メリットを解説
 

また、オパールエッセンスを使用して痛みが出てしまった場合には「知覚過敏用歯磨き粉」などを用いることで改善できることも多いようです。

これらの工夫をすることで、オパールエッセンスの副作用を最小限に抑えることができるのです。

こちらも併せてお読みください:【自宅ホワイトニング】オパールエッセンスの使い方・注意点について

まとめ

  • オパールエッセンスなどの「ホワイトニング」には知覚過敏の副作用はつきもの
  • 副作用を抑えるためには薬剤の濃度を低いものにする
  • 副作用(知覚過敏)を予防するために「エナメル質を強くする」必要がある
  • エナメル質を強くするために「ハイドロキシアパタイト」が配合された歯磨き粉の使用がおすすめ
  • 知覚過敏用の歯磨き粉を使うことで痛みが改善する場合有り

このページの先頭へ