【自宅ホワイトニング】オパールエッセンスの使い方・注意点について

最近では、歯のホワイトニングに興味を持つ方が増えています。そのためか、通販やドラッグストアなどでも歯を白くするためのグッズがたくさん売られるようになりました。

とくに若い世代の男女ならば美的意識が高く、黄ばんだ歯ではコンプレックスになってしまいます。「なんとか歯を白くしたい!」という願望を持っている方も多いのではないでしょうか。

そんな、歯を白くしたいと願う人たちに注目されている商品に『オパールエッセンス』があります。歯医者で用いられる「ホームホワイトニング」と同じ様なシステムで、輝くような白い歯になると評判です。

ここでは、そんなオパールエッセンスの使い方や注意点をまとめてみます。

オパールエッセンスとは

『オパールエッセンス』は、米国で販売されているホワイトニンググッズで、日本でも輸入代理店があります。

オパールエッセンスが販売されている通販店は?一番お得なのはどこ?

通常ホワイトニングは、美容歯科などで施術されますが、コストが高くあまり一般的ではありません。オパールエッセンスならば、低コストで本格的なホワイトニングが可能になります。

専用のマウスピースで型取りをし、薬剤をつけて歯に装着するという、美容歯科医でのホワイトニングと同じ方法を行い、使われる薬剤の成分もほぼ同じような性質のものです。

歯の性質や健康状態に合わせて薬剤の濃度を使用できますし、一度マウスピースを作ってしまえば、次からは薬剤のみの購入もできるので、コストも安く抑えられます。

ホワイトニングの本場米国でも高い人気があり、徐々に日本でも普及しつつある、ホームホワイトニンググッズがオパールエッセンスです。

オパールエッセンスのホワイトニング効果が高い理由

日本で「ホワイトニング」という言葉がつけられて販売されている歯磨き粉やグッズは、歯の表面の汚れや黄ばみを落とすことで「白さ」を手に入れるものです。

一方オパールエッセンスは、歯の成分そのものを”漂白”する、「過酸化尿素」という漂白物質を使用します。日本人は体質的に歯の色が少し黄色いため、ステイン汚れを除去しただけでは完全に白くなることはありません。

オパールエッセンスならば、歯そのものの成分から漂白するので、真っ白な歯を手に入れることも実現可能というわけです。

オパールエッセンスの使い方

本格的なホワイトニングをしたことがない人なら、オパールエッセンスの使い方が難しく感じられるかもしれませんが、一度手順を覚えれば簡単です。

まずは「マウスピース作り」からはじめます。

マウスピース作り

  1. 80℃から85℃くらいのお湯をコップなどに用意し、そこにマウスピースを入れて柔らかくなるまで待ちます。
  2. 柔らかくなったマウスピースを、ヤケドをしないように気をつけて、口に入れて強く噛み締めます。
  3. 歯の表面と裏面の両方を手で押さえ、歯に密着させるように押して型をとります。
  4. 口から出して水で洗いながら冷やせば「完成」です。

 

マウスピースが完成すれば、いよいよ「ホワイトニング」をはじめます。

ホワイトニング前には必ず歯磨きをして準備することを忘れないようにしましょう。

ホワイトニングの方法

  1. マウスピースにシリンジ(注射器型容器)から薬剤を注入する。
  2. 薬剤のついたマウスピースを口に入れて軽く噛んで抑える。
  3. 付属のLEDライトを20分間照射する(ホワイトニング効果アップのため)
  4. 規定の時間放置する。(薬剤濃度による規定の時間は別記)
  5. マウスピースを取り出して水で口の中をすすぐ。

 

薬剤の濃度による放置時間(規定時間)

  • 10%、15% → 4~6時間くらい
  • 20%    → 2~6時間くらい
  • 35%    → 30分くらい

 

オパールエッセンスの注意点

オパールエッセンスの使用に関して、3つの注意点があります。

1.薬剤の濃度の低いものからはじめる

まず1つは、購入時には薬剤の濃度の低いものからはじめ、状況を見ながら徐々に濃度を上げていく必要があるということです。

過酸化尿素の濃度が濃いと、ホワイトニング効果は高まりますが歯と歯茎に痛みを感じることがあるのです。いくら白さを実感したいからといって、いきなり濃い濃度を試すのは危険が伴います。

2.ジェルの使用期限

2つめは、ジェルの使用期限です。

オパールエッセンスの薬剤の使用できる期限はそれほど長くはありません(2週間程度)。

まとめ買いなどをすると安くなることもありますが、自分のペースに合わせて必要な量をその都度購入するようにしましょう。

3.副作用が起こる可能性

3つ目は、「副作用が起こる可能性があること」です。

十分な効果を得るために使い続けた方のほとんどが「知覚過敏」や「歯茎の痛み」を訴えることから、安全性はあまり高いとはいえません。

そういった点では、ホワイトニング歯磨き粉のほうが、安全に白い歯を目指すことができると言えます。

まとめ

  • オパールエッセンスは自宅で本格的にホワイトニングができる
  • オパールエッセンスは美容歯科で使われる「過酸化尿素」が成分
  • オパールエッセンスは歯の成分そのものを白く漂白する
  • オパールエッセンスは各パーツを個別購入できるのでコストを抑えられる
  • オパールエッセンスには副作用があるので、注意が必要(※異変を感じたらすぐに歯科医に相談を)

このページの先頭へ