不自然な白い歯は変?ホワイトニングでちょうど良い白さを手に入れる3つの方法

最近、一部の芸能人ですが…不自然なほど真っ白な歯をしているのを見かけるようになりました。

こうした白い歯に憧れをもつ方もいるようですが、とても「自然な白さ」とは言えないものですよね。

逆に不自然さが目立って変と毛嫌いする人も少なくありません。

こういった不自然な白い歯にならないためには、どのようなホワイトニング方法が有効なのでしょうか?

以下に、自然で健康的な白さを手に入れるための方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

不自然な白い歯は歯科医でのホワイトニングによるもの

歯医者器具

ホワイトニングを歯科医で行う方も多くいらっしゃいますが、歯科医でのホワイトニングは「キラン」とした輝く白さになってしまうことがよくあります。

良くテレビに出演している女優さんやタレントさんの歯が白く輝いている事がありますよね。

あれがまさしく歯科医でW2以上の ホワイトニングを行った白さとなっています。

確かにくすみも無い美しい白さにも見えますが、さすがに白すぎるのもちょっと不自然さを感じてしまいますよね。

ちょうど良い白さを手に入れるためのホワイトニング方法3選

①ホワイトニング歯磨き粉を使う

メリット:ステイン除去効果に優れている事で、大きなホワイトニング効果が期待出来ます。

しかし、ステイン効果成分が強く歯茎を痛める可能性もありますので、天然成分でつくられたものを使用するようにしましょう。

デメリット: 研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉だとエナメル質を傷つける可能性があり、知覚過敏になりやすくなってしまいます。購入の際は研磨剤なしのものを選ぶようにしましょう。

管理人おすすめの歯を白くする歯磨き粉ランキングBEST5

②ホワイトニングテープを使う

ホワイトニングテープ

メリット:歯に貼るだけで自宅でも簡単に行える手軽さ。

デメリットしっかりと貼らなければ色むらが生じてしまう事。また、知覚過敏や痛みを感じてしまうこともあります。

ホワイトニング歯磨き粉と比べると手間と費用がかかりますが、高いホワイトニング効果を期待することができます。

③ 濃度の低いオパールエッセンスを使う

メリット:通販で購入出来る手軽さ。ステイン除去能力に優れている事で多くの方が白い歯に変身出来る事。

デメリット:濃度が低いオパールエッセンスであっても知覚過敏になる可能性もある事。また、折角白くなった歯が着色しやすい環境となってしまい、オパールエッセンスを使用する以前よりもくすみが目立ってしまう可能性も有り。

オパールエッセンスが販売されている通販店は?一番お得なのはどこ?

まとめ

芸能人のような白い歯に誰しも強い憧れを持ってしまいますよね。でもホワイトニングの行いすぎは白くなりすぎてしまい不自然な色合いとなってしまいます。

また自身で行えるホワイトニング方法にも多くのメリットがありますが、歯茎を始め口腔内を痛めたり傷つけてしまう可能性もあります。

「ホワイトニングしてみようかな!」と感じたら、まずは歯に負担の少ないホワイトニング歯磨き粉から試してみることをおすすめします。

このページの先頭へ